prev. page:おかえりなさい、宮本選手
next page:横浜 FC とラグビー日本代表、そして横綱審議委員会

 

November 25, 2006

バレーボール世界選手権と最近のスポーツ番組

スポーツの秋だからというわけではないのですが、スポーツの話題が続いてますね.....
で、タイトルにある "バレーボール世界選手権" なのですが、女子の大会が終了して現在は男子の大会が開催されています。
全日本女子のチームは、けがをしている選手がいたりしてベストのチームが組めたとは思いませんが、よく頑張ったと思います。
見ていて楽しかったし、手に汗握るというほどではなかったけど興奮もしました。
また、今後の活躍が期待できそうな雰囲気のあるチームだと思います。
そういう意味では、現時点でのベストチームなのかも知れない。
竹下選手の MVP も色々と言う人もいるみたいですが、私は素直に喜んでいいと思うし、心からおめでとうと言いたい。
男子も一時期のどん底状態からは、かなりチカラを盛り返してきていると思います。(植田監督の試合に勝ったときの喜び方はどうかと思いますが.....)
ただ、気になることがあるんですよね。
それは、選手やチームに対してではなくて、テレビ放映を含めた大会の運営に大いに疑問があります。
大手代理店が関わっているのだろうけど、勘違いしていませんか?

まず、アイドルを起用する必要があるのだろうか?
大会への関心を集める目的であったり、視聴率を上げるためだったりということなんだろうけど、ちょっと違うような気がします。
どれだけバレーボールの知識があるのか、バレーボールの経験があるのかは知りませんが、20歳そこそこの女性アイドルに「プレーに気持ちが入っていた」などと言われ、またそれを笑顔でうなずいているアナウンサー.....何か違いますよね。
何故、女子のバレーボール決勝が深夜の放送なんですか?
今回の大会は TBS が中継していますが、こういったことは TBS だけに限らず、どこの放送局でも同じようなことをしているように思う。
野球のアジアチャンピオンを決める試合を最後まで中継しなかったり、アイドルグループの一人を応援団長と言ってバカ騒ぎしたり、不敗神話だといって喜んでいたりと見ていてうんざりします。
何も玄人受けするマニアックな放送をして欲しいと言っているのではなく、本来の伝えるべきことをちゃんと伝えて欲しいと思っているだけです。
そういえば TBS には、ボクシングの中継でも苦情が多くあったようですね。

それともうひとつ会場での応援が気になる。
バレーボールでは、プレー中でも大声で応援してもよかったのでしたっけ?
以前は、サーブを打つ前に応援をやめていたように思うのですが.....(あっ、"ソォーレ" というかけ声はありましたね)
聞いた話によると女子の大会では日本戦に限って第2セット終了後、10分間のショータイムがあったらしい。(男子の試合でも同じかも知れない。)
毎回ショータイムがある日本はいいが、対戦相手は日本戦にだけショータイムがあるわけで、これは不公平でしょ。
また、男子の試合で見たのですが相手がサーブを打とうとしたその瞬間、DJ 風のアナウンスが大声で場内の観客に応援するように煽っていた。
これはもう応援ではなくてマナー違反でしょ。
こういったことを ホームアドバンテージ" だと考えているのなら、それは大きな間違いだと思う。
まして世界選手権という権威ある大会に対して失礼ではないでしょうか。

このような応援(純粋に応援といえるのかどうか疑問ですが)や、放送を見ていると2004 AFC アジアカップを思い出してしまう。
サッカーのアジアカップでの観客の態度は、あまりにもひどかったので今回と同じだとは思いませんが、何故か連想してしまうんですよね。
あのときは多くの日本人が観客の態度に不満を言ったり、けしからんと怒ったりしていましたよね。
2006世界バレーを見ていると、海外の選手や関係者の方々から同じように、マナーがなっていないと思われているかも知れませんよ。

日本バレーボール協会は、どう思っているのだろう?

recent posts