prev. page:捏造やヤラセ、サクラといろいろありますが.....
next page:かわいいお雛様

 

February 27, 2007

きっと HONDA じゃないとできないのでしょうね

RA107

photo : Honda Racing

Honda | F1世界選手権 | ニュース

Honda Racing F1 Team 、環境をテーマにした新コンセプトを発表
〜地球をイメージした新しいマシンカラーリングの採用と斬新なマーケティング手法〜

Honda が、F1 のカラーリングと新コンセプトの発表をしたわけですけど、『これは Honda じゃないとできないことなんだろうなぁ』と思ってしまう。
詳しいことはニュースリリースを見てもらったほうが早いですし、カラーリングやチャリティーについては、英語サイトですが http://www.myearthdream.com/ を見ればとてもよくわかります。

ちょっと前のエントリーで、私が感じる HONDA と TOYATA の違いを書きましたが、これでますます両者の差が開いた気がします。
レギュレーションで決められているロゴとチャリティーを募るサイトの URL 以外はボディにロゴらしいものがない HONDA。
相変わらず、今まで通りのスポンサー名で埋め尽くされている TOYOTA。
夢と理念の差がはっきりと現れているように思います。

もちろん、レースに参戦するわけですから勝利を目指すのは当たり前で、環境問題を訴えるだけではダメだと思う。
ただ、 HONDA ならそれを両立できるような気がしてしまう。
もちろんタイヤの変更などもあり、すぐに HONDA が勝てるとは思っていない。
かつて、"走る実験室" と自ら言っていた F1活動を休止し、今でいう環境問題である "排ガス規制" に対応すべく CVCC エンジンを開発した HONDA ならきっとできるのだと思ってしまう。
ターボエンジンの開発の余地があるにもかかわらずレギュレーションで禁止になったり、新しい技術を開発するとまたレギュレーションが変更になったりと、"走る実験室" と呼べなくなってきていると思われる現在の F1 で、HONDA は新たに挑戦する "夢" を見つけたような気がします。
The Power of Dreams :: まさしく HONDA の理念ですよね。

スポンサーもロゴの露出こそしていないが数は増えているようだし、サイトでチャリティーを展開したり、協賛金の一部を環境保護団体などへ寄付をするなど、まったくの新しい試みを是非とも成功させて欲しいものです。
HONDA による "環境問題と自動車レースとの矛盾" に対するひとつの提案なのだろう.....
ちなみにチャリティーを展開する http://www.myearthdream.com/ は、オープンしたようですけどチャリティーのカード決済が機能していないようですね。
チャリティーに参加したんだけどなぁ.....

それにしても、ますます TOYOTA の商業主義が際だつような気が.....

recent posts