prev. page:南米開催でもダカールの名は残る...
next page:おめでとう、ガンバ大阪となでしこジャパン

 

February 24, 2008

東アジア選手権 :: 日本対韓国

引き分けに終わったことは残念ですけど、試合内容を考えると妥当な結果ではないかと思います。
レフェリーのジャッジも公平でスムーズに試合をコントロールしていたのではないでしょうか。
結果的に東アジア選手権で優勝することはできませんでしたが、現時点では仕方がないかなという感じですね。
韓国戦の失点シーンもマークが完全にずれたことが原因ですが、毎試合先発メンバーがかわるような今のチーム事情では致し方ないかなと...
もちろん、プロで代表に選ばれる程の選手であれば、チームのメンバーが誰であろうと機能しないといけないと思いますけどね。

3試合を通じて良かったのではないかという点は、試合中に修正ができていると感じるところ。
これが岡田監督の指示なのか選手の判断かはわかりませんが、いずれにしても試合中にいい方向に修正できていると思います。
ただ、修正はできても勝てていないというのは反省点ではありますけどね。

あまり感心しない点もあります。
というのが、私には戦術が未だに見えてこないという点です。
この間も書きましたが、狭い地域でのプレーにこだわりすぎのような気がします。
韓国戦でもやはり気になったんですよね。

例えば "A" という選手がパスを出す場合に "A" 選手の横に "B"、その横に "C" という選手がいるとします。
ともにフリーなんですが、"B" の選手にはマークが詰めてきています。
"C" の選手はまだ完全にフリーです。
なのに、"A" の選手は "B" にパスを出し、"B" は "C" にパスをする。
すると相手のマークは、"B"、"C" とスライドしてきて "C" に寄せてくる。
"C" はプレッシャーを受けながらのプレーになるので、良い結果が生まれる可能性が低くなる。
"B" を飛ばして "C" にパスを出せば、"C" は余裕を持ってプレーできると思うんだけどなぁ。
このようなプレーが多いような気がします。

最後に中国チームのラフプレーに対し罰金が科せられたようですが、その後の北朝鮮戦でもイエローカード8枚、レッドカード2枚だなんて言語道断。
もう、罰金とかいうレベルではなくて1年くらい国際試合禁止というくらいの処分を科さないとダメなんじゃないかな。(ちなみに中国女子の対韓国戦でもありえないプレーがあったようなので、これはもうどうしようもないかも...)
救いは、中国のサポーターやメディアが自国のチームを批判し始めたことかな。
ただ、中国の監督の『地元開催で、ファンやメディアのプレッシャーが云々。』というコメントには呆れました。

というより、情けなかった...

recent posts