prev. page:東アジア選手権 :: 日本対韓国
next page:卓球がおもしろい

 

February 25, 2008

おめでとう、ガンバ大阪となでしこジャパン

ガンバ大阪が初代パンパシフィック王者に

photo : Pan-Pacific Championship

おめでとうございます。

まずは、パンパシフィック選手権。
今年から新設された大会なので、国際大会としてのレベルはわかりませんが、優勝したことに意義があると思います。
また、素直に喜びたいです。
まぁ、ベッカム目当ての大会という感じもしますけどね...

それにしても代表に7人も招集されている中での勝利は大きいと思います。
新加入の選手もフィットしているようだし、今年のガンバはいいかも。
そういえば、ルーカス選手は MF 登録なんですね。
今回の試合だけなのかなぁ。
シーズンが始まるとどうなるんだろう。
FC 東京では FW でしたよね。
中盤で出場したこともあったのかな?

選手の層も厚くなったようですし、この調子で攻撃的でおもしろいサッカーを Jリーグ、ACL と繰り広げて欲しいです。
仕事柄、意外な縁でファン倶楽部の会員証(カード)のデザインをしたこともありましたし、嘗てはファン倶楽部にも入っていたサポーターとしては、楽しみです。

それと東アジア選手権。

なでしこジャパンにとって初めてのタイトルじゃないかなぁ?
ニュースでしか見ていませんが、中国を圧倒していたようですね。(何故、関東では放映があったのに関西では放映しないの?)
特に2点目は、澤選手の真骨頂のような気がするし、3点目は大野選手の正確なクロスから永里選手のヘディングシュート。
ほぼ、完璧な崩しと得点だと思います。
左サイドの宮間選手が右サイドの大野選手に出した正確なパスも素晴らしいと思います。

男子もこれくらいの展開力があればなぁと思ってしまいました。
今の代表選手では、このような大きな展開を狙っているのは中村憲剛選手くらいのような気がする。
遠藤選手が以前ほど大きな展開をあまりしなくなったのが気になる...

今大会を通して感じたのは、オシムさんが目指していたサッカーをなでしこジャパンが実践しているようでした。

recent posts