prev. page:Grand Prix of Turkey
next page:我が家に来客

 

June 18, 2009

2010年ワールドカップ・アジア最終予選、最終戦

う〜ん...
なんだかなぁ...
この2試合は、どうもスッキリしない。
確かにワールドカップの出場権を獲得したあとの試合なので、モチベーションを保つのが難しかったとは思います。
それに連戦の疲れもあることでしょう。
でも、監督、選手とも消化試合にするつもりはないとハッキリ言っていたわけで、それならもう少しなんとかできたのではないかと思ったりするんですよね。

特にミスが多すぎる気がする。
それも単純なパスミス。
カタール戦の失点も PK ではありますけど、その原因はやはりパスミス。
それも中盤でのパスミスです。
橋本選手が相手にパスしたのではないかというくらい綺麗なヘディングでのパスミス。

今回のオーストラリア戦でも日本選手のパスミスが目立ちました。
それとパスの弱さ(早さ)が気になる。
アウェーの場合は、芝の長さが影響することもあると思いますが、ホームでもその傾向が見られたように思います。
結果、相手にインターセプトされてカウンター攻撃というシーンが何度かあったのではないでしょうか。

中盤でパスをまわしていますが、あまり効果的なパスまわしには見えませんでした。
やはり、落ち着きがない。
あらためて遠藤選手の影響力を感じました。


その中で松井選手がいいと思っていたのですが、何故交替したんでしょうかね。
怪我?体調不良?
もう少し見たかったです。
松井選手の場合はパスも力強いですし、ドリブルも仕掛けられますしね。
ただ、まわりの選手とあっていないというか、意思の疎通ができていないような場面が何度かあったのが気になります。
まわりとあわないというのは一番問題なわけで、このあたりが松井選手があまり代表で使われない理由かも知れないなぁ...
フランスのサッカーと日本のサッカーの違いなのかも知れない。
もしかして、松井選手自身の焦りなのかも知れない。
でも、個人的には今の代表選手の中では一番好きなので、もっと代表での活躍を見てみたい気がします。
中村俊輔選手、遠藤選手、セレッソの香川選手と松井選手の中盤を見てみたいなぁ。
あと、最近は代表に呼ばれませんが、ボランチには稲本選手もね。
FW にはカターニャの森本選手 (^ ^)

ワールドカップ本戦まであと1年。
レッズの山田直輝選手のように若い選手がもっと代表に入ってくるくらい、下からの押上げがないと強くならないかも知れないですね。

最後に北沢氏がテレビで言っていたことにちょっと違和感があるので...

ワールドカップ本戦で日本が戦う相手は、ランキングでも格上の国ばかりなのでこれからは守備的なチームづくりへと考え方を変えた方がいいのではないかと言っていましたが、そんな戦い方をするのであれば見たくないです。
当然、負けないためには守備は重要です。
でも、日本の場合は守備的に戦ってもカウンター攻撃一発で決められるだけの決定力はないと思います。
守備的という意味とは違うかもしれませんが、イタリアなどの守備が強いチームでも攻撃力も併せ持っています。
また、今回のオーストラリア戦では、中村俊介選手や遠藤選手、中沢選手などのベストメンバーで戦ってほしかったとも言っていましたが、それもどうかと...
今の代表で問題なのは、ベストといわれる選手が出られない場合のことだと思います。
要するに選手層の厚さではないでしょうか?
オーストラリアだってベストといえるメンバーではなかったと思いますよ。
なので、今回のオーストラリア戦では、今まであまり試合に出ていない選手をもっと見たかったです。
体調の問題もあったのでしょうが、本田選手や山口選手。
最近出番のない駒野選手や安田選手。
あと、先ほど書いた山田選手など若い世代の選手を見てみたかった。
もちろん怪我や体調のことなどあるでしょうが...

いずれにしてもあと一年、ワールドカップの予選グループリーグを突破できるチーム作りをしてほしいです。
ベスト4という高い目標を持つこともいいですが、ホーム開催の日韓大会以外ではまだ1勝もしていないという事実もあるわけですからね。

選手の方々、お疲れさまでした。
今は、ゆっくり休養してください。
といっても、Jリーグがあるのでそうも言ってられないのかな...

recent posts