prev. page:F1の残念なニュースが2つほど...
next page:2009 "コカ・コーラ ゼロ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース

 

July 14, 2009

Grand Prix of Germany

Red Bull が来ましたね。
またもワン・ツーフィニッシュ。
これで、コンストラクターズポイントも1位の Brawn GP の112ポイントに迫る92.5ポイントですからね。
ドライバーズポイントは、1位の Jenson Button にはちょっと離されていますが、Rubens Barrichello を抜き2、3位に浮上です。
シーズン当初は Brawn GP の独走かと思われましたが、なかなかそんなにうまくはいきませんねぇ。
このあたりは、デザイナーの Adrian Newey の底力かも知れませんね。

空力を追求しすぎて扱いにくいマシンだという話もありますが、私にとっては1988年の鈴鹿のメインストレートでマクラーレンを抜きさるレイトンハウスを目の当たりにしましたから、その印象がとっても強烈に焼き付いている。
"レイトンハウスマーチ881 ジャッド" も美しいマシンだったなぁ...
今みたいにゴテゴテしてないしね。
やたらとフロントウイングがでかくて、確かワイヤーで吊ってましたよね。
あと、インダクションポッド後方のエッジとリアのディフューザーが、いかつかったなぁ...

それにしても Brawn GP はどうしちゃったんでしょうね。
Ross Brawn らしからぬピット作業と戦略。
まぁ、ピットでの作業は Ross Brawn が直接関係しているわけではないですが...
何か最近ちぐはぐな気がする。
これじゃあ、Rubens Barrichello から不満やチーム批判が出ても仕方ない気がします。
今回だけじゃないですからね、Rubens Barrichello は...
特に今回は優勝も狙えたかもしれないですからね。

まっ、Brawn GP もこのままでは引き下がらないだろうし、後半戦に向けて楽しくなってきました。
ヨシヨシ...(^ ^)

recent posts