prev. page:2010 サッカーワールドカップ日本代表のグループリーグが終わって...
next page:European Grand Prix

 

June 28, 2010

う〜ん、誤審が多いような気がするなぁ...

何のことかというと、2010年サッカーワールドカップでのこと。
まぁ、お気付きの方も多いと思いますが、『何だかなぁ〜』という気になりますよね。

イングランド対ドイツ戦のランパードのシュートなんて、完全にゴールインしていますよね。
ゴールラインを完全に越えているかどうかの微妙な問題ではなく、明らかにボール1〜2個分超えていると思います。
あれがノーゴールだと言われれば、ゲームにならないですよね。
ビデオのリプレイを見ると明らかにゴールだと思いますけどね。
FIFA が今回のワールドカップでのビデオ判定の導入を見送ったのが仇になりましたね。
でも、イングランドの選手たちも抗議はしていましたが、それほど執拗に抗議していないところをみると、現場(ピッチ上)ではやはりわかりにくかったのかも。

それに比べて、猛抗議していたのはメキシコ。
確かにテベスはオフサイドポジションにいた。
メッシからの最初のスルーパスも際どいですが、キーパーに弾かれた後のポジションは完全にオフサイドポジションですよね。
スルーパスを防がれた後のメッシのパスは、テベスへのパスというより浮き玉のシュートだと思うんだけどなぁ...
もし、テベスが触っていなくてもゴールになったかもね。

それにしても FIFA が過ちを認めたというから何のことかと思えば、テベスのゴールシーンをスタジアムのスクリーンに流したことだって。
まぁ、判定については明らかな過ちであっても認めないでしょうが、リプレイを流したのが過ちだなんて...

他にも、例えばデンマーク対日本戦の PK のシーン。
あれは、ファールじゃないでしょ。
それよりもその後にあったデンマーク選手のシュートを長谷部が身体で防いだシーン。
故意ではないとしてもハンドを取られてもおかしくないプレイだったと思う。

ドイツ対セルビア戦でのクローゼがもらった2枚目のイエローカードも、カードが出るほどのファールではなかったと思う。
それよりももっと悪質なファールが見逃されているような気がする。

とにかく、審判にはゲームを台無しにしないように慎重かつ大胆に判定して欲しい。

明日は、パラグアイ戦ですね。
南米には相性がよくありませんが、それほど苦にする相手でも無いような気がします。
デンマーク戦のようなプレイができれば勝つのでは?
ただ、あまり調子の良いのが長続きしないのも日本代表だったりしますが...
今回に限ってはそのような心配もなく、調子を持続していくような気がします。

パラグアイも日本も守備的にゲームに入るとカメルーン戦のような展開になるかもね。

そうそう、デンマーク戦からオシム氏のコメントが、ネットに載らなくなったのは何か理由でも...?

recent posts