prev. page:European Grand Prix
next page:2010 FIFA ワールドカップ 準々決勝が終わって...

 

June 30, 2010

サッカー日本代表の皆さま、お疲れさまでした

負けました。
スコアレスドローという結果ですが、ちょっと残念。
もちろん、選手たちは精いっぱい戦ったと思いますが、連戦の疲労からかちょっと足が重たかったように感じました。
大久保選手も松井選手もグループリーグの時よりもちょっと動きが良くなかった気がします。
それだけパラグアイの選手のプレッシャーがきつかったのかも知れません。
あと、遠藤選手のポジションを上げたのが原因かはわかりませんが、ボールを奪ってもそのあとのパスがあれだけ繋がらなければ攻撃にならないですよね。
かなりパスミスがあったのでは?
これも連戦の疲れなのかも知れないし、相手のプレッシャーなのかも知れない。
それにしてもミスが多かったような...

数少ないチャンスの中で、松井選手のバーを叩いたシュートや松井選手からのパスを本田選手がダイレクトでシュートなど、惜しい場面もありました。
ただ、その本田選手のシュートは決めて欲しかった。
ボールを蹴る瞬間にイレギュラーしたようにも見えましたが、あの場面はチリ対スペイン戦のイニエスタのゴールのようにインサイドで確実にコースを狙って蹴って欲しかったです。(インステップかインフロントで蹴ったように見えたので、もしインサイドで蹴ってたらゴメンナサイね)
もちろん、パスの出所が違うのは重々承知しております。
それでも本田選手の技術をもってすれば、インサイドで確実に決めることができたと思います。

駒野選手。
慰めにならないかも知れませんが、かつてはバレージも R・バッジョもストイコビッチもプラティニも PK を外しました。
だから、胸を張って帰ってきてください。
120分間よく戦ったと思います。
いや、120分だけでなく4試合ですね。

岡田監督も前回の代表監督のときに続いて途中からチームを任されて色々と大変だったと思います。
ホント、ご苦労様です。
ただ、個人的には森本選手や内田選手のプレイも見たかったので、今でも采配的には納得していませんけどね。
森本選手が1トップで本田選手が1.5列目なんていうのも本大会で見たかったです。
インタビューで、「私にも好きなサッカー、理想とするサッカーがある」と言っていましたが、今はそれを見てみたい気もします。
そのサッカーは今の日本人でもできますか?
それともまだ無理ですか?
とりあえず、もう監督をすることはないだろうとおっしゃっているので、それを見ることも無いのでしょうけどね。

しかし、残念です。
まぁ、サッカーの神様がまだ早いと言っているということなんでしょう。

それにしても、今大会の日本代表の試合を見てあらためてわかったことは、「私は、松井大輔選手のプレイが大好きだ!」ということ。
彼が京都にいた頃から好きでしたが、やっぱり一番好きな選手です。

ホントに楽しませてもらいました。
日本代表、および関係者の皆さまお疲れさまでした。

PS : 本田圭佑選手の大叔父さんのコメントがシブイ...

recent posts