prev. page:今年もよろしくお願いします
next page:十日えびすの残り福があるかなぁ...

 

January 10, 2011

AFCアジアカップ 日本対ヨルダン

こんなもんかなぁ〜というのが、正直な感想です。

ザッケローニ監督になって初の公式戦ですし、選手それぞれのコンディションの違いも大きいとおもいますので、初戦としてはこんな感じだと思います。
もちろん、勝つのが一番ですが負けなくて良かったと前向きにとらえましょう。

ランキングではかなり格下ですが、中東勢はランキングよりも実力はあると思います。
それにアジアでの戦い方というのも日本の場合難しいと思いますよ。
徹底的に研究されているだろうし、引いて守られるとよほど力の差がないと簡単には勝てないですよね。

ゲーム終盤の怒濤の攻めをもう少し早い時間に見せて欲しかったというのが実感ですが、それでも今までにないくらいのパワープレーだったのではないでしょうか?
以前なら、あそこまでの攻撃は少なかったような気がします。

それとゲーム終了時の監督のコメントが、ゲーム内容を的確に表現していたのに安心しました。
ゲーム中に内容を把握できているということなので、これから選手の特性などを把握していけば、もっと効果的な選手交代や戦術変更も可能ではないでしょうか。

とりあえず、次戦が勝負ですね。

recent posts