prev. page:十日えびすの残り福があるかなぁ...
next page:AFCアジアカップ 日本対サウジアラビア

 

January 14, 2011

AFCアジアカップ 日本対シリア

う〜ん、すっきりしない。
後味が悪いといった方がいいかも知れない。

あちこちで話題になっていると思いますが、レフェリングですよね、スッキリしない原因は...

まず、川島選手が退場になったシーン。

副審はオフサイドフラッグを上げたが、主審はオフサイドをとらなかった。
シリアの選手がオフサイドポジションにいて、ボールにからむプレーをしたので、オフサイドを示すのは当然でしょう。
また、主審は副審よりも近い位置で見ていたので、シリアの選手のパスではなく日本のバックパスだと判断したのも理解できます。
副審のオフサイドの指示を無視して、主審の判断でプレーが続行することもよくあることです。
ただ、テレビで観ていただけではどちらの選手の足に当たったのかはわからないので、判断が正しかったかどうかは疑問ですが...
それと、例え日本の選手の足に当たっていたのだとしても、あの場面では『パスではない』と思う。
それよりも、レッドカードの方が厳しすぎる気がします。
確かに最近では、決定的なシーンでファールを犯すとレッドカードという風潮ですが、あのシーンでは決定的とは言い難い気がします。
それに川島選手はあくまでボールに対してプレーしています。
ただ、ボールに触る前(触れず)に相手の選手と接触しましたので、あきらかにファールです。
だから PK というのも正しいと思います。
でも、レッドカードは厳しいなぁ。
あの場面では、イエローカードだと思うんだけどなぁ...
どちらにしても、その前の長谷部選手からのパスが、長友選手へのパスなのか、それともキーパーへのパスなのか、中途半端なのが原因です。
その時の長友選手の対応や川島選手のポジショニングにも問題があったように見えます。
取りあえず原因はそこなんですよね。
でも、遠藤選手のコメントを読むと、選手たちはそのことをわかっているようなので、ひと安心です。

反対に日本がもらった PK。
これはどう見ても主審の帳尻合わせにしか思えない。
確かにファールと言われればファールなんでしょうけど、普通は取らないでしょ。

それとあまり話題になっていないようですが、シリアの選手が退場になったシーン。
2枚目のイエローカードで退場になったのですが、2枚目をもらうきっかけがちょっと問題かなと思います。
あれは、シリアの選手たちが怒るのもわかります。
岡崎選手が足でボールを触ってますからね。
インプレーだったのかどうかはよくわかりません。
主審が試合を止めてホイッスルでインプレーになるのであれば、岡崎選手が足でボールを触ろうが何も問題ない。
ただ、インプレーだとしたらちょっと不用意なプレーですよね。
一応フリーキックは『蹴る』という行為でプレーが始まるので、岡崎選手が足でボールを押さえて転がしたように見えても、蹴ってはいないので微妙なんですけどね。
シリアの選手にしたら『蹴ったじゃないか!』ということなんでしょう。
アジアカップやワールドカップでは、このような不用意で紛らわしいプレーをしてはいけないですよね。

よく言われることですが、審判のジャッジにも気をつけないとね。
特にアウェーでは。
ルール上、『解釈の違い』っていうのがあってはいけないと思うのですが、判断する審判も人間ですからねぇ。
例えば、日本の1点目のシーンで、松井選手が長谷部選手へ渡したパスのシーン。
パスやシュートには問題ない。
ただ、松井選手がパスをした後、相手選手にもたれかかるようにブロックしている。
これなどは、審判によってはオブストラクションを取られかねない際どいプレーだと思います。
賛否両論ありますが、そろそろビデオ判定を取り入れる時期が来ているのかも知れませんね。

まぁ、後味は良くなかったですが、取りあえずは勝ったことだし、ゲーム全体もヨルダン戦と比べると内容も良くなってきていると思います。
それと前回も書いたと思うのですが、監督が冷静なのがよくわかります。
川島選手が退場になったシーンでは、ラテン系らしい激しい怒りを表していたようですが、選手交代や戦術などは冷静に判断しているみたいに見える。
これって重要ですよね。
監督なんだから当たり前といえば当たり前なんですが...

それにしても解説が...
いいかげんやめて欲しい。
というかいらない。

recent posts