prev. page:AFCアジアカップ 日本対カタール
next page:AFCアジアカップ 日本対オーストラリア

 

January 26, 2011

AFCアジアカップ 日本対韓国

またまた、審判の判定がゲームを左右してしまいましたね。
コントロールするのは審判の手腕だと思いますが、勝敗を左右するような判定を下す時は、間違わないで欲しい。
昨日の韓国戦の PK は、どちらも PK ではないと思う。

まず、今野選手がとられたファール。
ちょっと強く当っていますが、正当なショルダーチャージの範疇だと思います。
審判にボールを見ていないと言われたそうですが、それならファールチャージというよりオブストラクション(最近はオブストラクションと言わないらしい...)では?
それなら、PK ではなく関節フリーキックじゃないのかなぁ。
次に岡崎選手がもらった PK。
これは今野選手の場合と違いファールだと思う。
ただ、リプレー映像を見る限りファールした場所はペナルティエリア外だった。
確かに際どい位置なので肉眼ではわかりにくいと思いますが、副審の主張を素直に聞き入れた主審ってどうなの?
自分の方がファールした地点に近かったのでは?

それよりももっとファールを取らないといけないプレーがあったでしょ。
前田選手がゴールしたシーンでは、完全に後ろから足を狙ってスライディングしているように見えます。
テレビの解説でも言っていましたが、『手をかけるとファールを取られる。』と...
確かにそういうシーンが多かった。
もうひとつ、正当なチャージでも当りが強く相手が倒れるとファールを取っていたようだ。
解説などでも『審判のファールに対する基準を理解して、ファールをしないように対応するべき。』と言っていました。
色々なブログなどでもそのような意見が多いみたいです。
確かに、プロなんだから対応しないといけないと思いますが、選手としてみれば『身体に染みついたクセ』は中々とれないと思いますよ。
それよりも審判の質を良くしないと...

かつて J リーグでも世界基準とかけ離れた判定が多々あったと思います。
海外から来た選手が『何故、今のがファールなんだ。』と首をかしげるシーンがあったことを思い出します。
それと同じで、アジアの審判の基準が世界の基準とはちょっと違うのではないでしょうか?
といっても、南米の試合やヨーロッパの国内リーグを見る機会がそれほどありませんので、世界がどういう基準なのかは、ワールドカップとかチャンピオンズリーグくらいで判断するしかないのですけどね、個人的には...
ワールドカップでも『あれ〜?』と思う審判もいますけどね。

ゲーム内容については簡単に...
前半は良かった。
ココ数年で一番良かったといっていいくらいではないでしょうか?
ただ、あれだけのチャンスは決めておかないと。
後半は、ダメ。
典型的な悪い時の日本代表。
こうも良い時と悪い時がはっきりとでる試合も珍しい。
相手がスペースを消してきたということもあるのでしょうけど、それ以前に動けていなかったように思います。
前半から飛ばしていましたから疲れるのはわかりますが、それは以前から散々言われてきたことなのでもうちょっと何とかして欲しいです。
といっても見ていて面白いのは日本のサッカー。
韓国はフィジカルを前面に押し出したサッカー。
ただ、今までのロングボール一辺倒の戦術とはちょっと違っていたような気がします。
中盤で繋ごうという意識が高かったように見えました。
でも、日本にとってはその方がやりやすいのでは?
ロングボールを使ったポストプレーでセカンドボールを拾われるサッカー方がやりにくいと思います。
韓国も変わってきているのかなぁ。

細貝選手と伊野波選手を入れたのは、守備固め?
どうも違うような気がするのですけど、このあたりの監督のコメントってないのかなぁ。
長谷部選手の負傷がなければ李選手を入れる準備をしていたみたいなので、単純に守備を固めて逃げ切ろうというわけではなかったと思うのですが...
そのあたりを聞いてみたい。

次はいよいよ決勝戦。
オーストラリアです。
強いです。
でも、世代交代があまり進んでいないように思いますので、今の勢いだと十分優勝できるのではないかと思います。
オーストラリアもウズベキスタン相手に6点も取ってしまったのでちょっと気が緩んでいるかも知れないしね。
そんなヤワなことはないかな。 (^ ^)

決勝までちょっと日程がありますので、十分休養して体調を整えベストな状態で挑んでください。
そして、日本の楽しいパスサッカーを世界に披露してください。

recent posts