prev. page:ユーハイムの神戸元町本店オリジナル アッフェルバウム20
next page:サッカー、いろいろ...

 

July 19, 2011

優勝おめでとう!

Viva なでしこ。

click photo to enlarge.

Viva なでしこ。

photo : noworks?

今日は、ちゃんと試合開始から見ました (^ ^)
なかなか見ごたえのあるいいゲームだったと思います。

アメリカは、開始早々からかなり前掛かりで攻めてきましたね。
日本がボールポゼッションを基本とした戦術だというのは、今大会を見れば一目瞭然なのですが、実はアメリカもボールポゼッションを重視しているように見えた。
キック力がありロングフィードができるので、サイドチェンジや縦パスを有効に使っている。
なので、日本のように『細かいパスを繋ぎ、人もボールも動く』というのとは違いますが、見ていると各選手の技術も高い。
それにフィジカルが加わるわけだから、やはり現時点ではアメリカが一番強いと思います。
ランキングトップというのは間違いないでしょう。

そのチームに勝ったわけですから、なでしこジャパンもやはり強い。
まぁ、PK なのでホントは引き分けということなのでしょうけどね。

前半はあきらかに押されていた。
さすがにアメリカ。
日本のいいところを消すような戦術です。
前からのプレスは相当早く、きつかったように思います。
今大会で一番いい動きではないでしょうか。
そんな中、日本もあと一歩というスルーパスが何本かありましたが、アメリカのディフェンスも堅い。
相手のシュートミスにも助けられましたが、前半を0対0で終了できたことは大きかった。

アメリカのプレッシャーに押されて縦へ急ぎすぎたパスが多かったような気がしましたが、徐々にペースを掴んでいったような気がします。
しかし、アメリカもなかなか体力は落ちない。
相変わらずプレッシャーを掛けてくる。
日本もボールが廻るようになってきたようですが、注意していたはずの縦パス1本にやられてしまいました。
さすがアメリカです。
迫力が違いました。

でも、日本もそれほど気落ちした様子が見られないような気がしました。
あくまで日本のサッカーができれば勝てるという自信なのか、焦りも見られないような感じ。
と、日本の高い位置のプレスから川澄選手がボールを奪い、サイドに開いた永里選手へのパスからゴール前の丸山選手へ。
丸山選手がつぶれ、相手選手のクリアミスを宮間選手が難しい体勢から左足アウトでゴールに流し込む。
あの体勢から左足で冷静にシュートできる宮間選手の技術の高さはすごいですね。
ボールを奪った川澄選手のポジショニングとサイドのスペースに出したパス。
そこへ走り込みついてきたディフェンダーを切り返しでかわしてからのパス。
ゴール前でつぶれた丸山選手。
と、いうようにゴールまでの3選手の動きも素晴らしいのですが、やはりスゴイのは宮間選手でしょ。
もちろん、難しいシュートを確実に決めたこともそうですが、あのポジションにいたということが重要だと思います。
確か、川澄選手がボールを奪った時はセンターライン付近にいたはずです。
フランクフルトのフィールドサイズを知りませんが、約50mを全速力で駆け上がってのシュート。
また、『ボールが来るかも』という嗅覚。
素晴らしいです。
あらためて映像をみると川澄選手がボールを奪ってからゴールまで約10秒ですよ。
やっぱり、宮間選手はスゴイです。

点を取ってからは明らかに日本のペースだったのですが、ここで点を取って勝ちきれないのが今の日本の実力なのでしょうか。
それともさすがアメリカということなのでしょうか。

延長も一進一退のペースでゲームが進み、中盤にスペースができたせいかどちらかというと日本のペースに見えた。
ところが一瞬の隙をついてワンバック選手のヘディングシュート。
これもスゴイ。
強烈なシュートという表現がふさわしいようなヘディング。
さすがアメリカのエースです。
マークに付いていた熊谷選手もこのシュートまではしっかりと身体を張ってディフェンスしていましたが、この一瞬だけマークがズレましたね。
解説でも言っていましたが、手でワンバック選手の位置を確認していましたが、それをうまくかわしたワンバック選手がうまかったということでしょう。

1点目と同じく、ココでもまだ気落ちしている様子があまりないように感じました。
そして、近賀選手の飛び出しに澤選手のスルーパス。
この試合で何度も見た『あと1歩』でしたが、ゴールの予感は十分感じるプレーでした。
あの時間帯にあのスピードでゴール前に上がれるサイドの選手もなかなかいないと思います。
で、このプレーで得たコーナーキックから澤選手の芸術的なシュート。
ゴールネットを揺らした時には、鳥肌がたち涙があふれそうになりました。
右足のアウトかヒールか、映像ではよく分かりませんけど、そう簡単に打てるシュートではないですよね。
アメリカの選手に当たってコースが変わったように見えましたが、たとえ当たらなくてもあのスピードではキーパーも反応できなかったと思います。
しかし、なんという選手なんだろう。
エースというのはこのような選手のことだというのが、よくわかりました。
澤選手、あなたは本当にすごいサッカー選手です。
今は、神戸でプレーしているので、もし街で見かけたら焼き肉をおごりたくなるかも(^ ^)

終了間際の岩清水選手の退場。
贔屓目に見てるからかも知れませんが、悪質なファールではなかったと思います。
まぁ、ファールがなければゴールを奪えたかも知れないという意味では、悪質(プロフェッショナル・ファール)なのかも知れませんが...
その FK からの攻撃を防ぎ試合終了。
終了時の両チームの表情を見ていると明らかに違う。
勝てると思っていたゲームを追いつかれたので当たり前だと思うが、アメリカの選手の方が意気消沈している。
まだまだ、気合いが入っていたのはワンバック選手くらいに見えた。
一方、日本チームといえば笑顔が見えている。
う〜ん、たくましい。
PK まで持ち込めて『儲けモン』ということなのでしょうか、かなりリラックスしているように見えました。

そうなると、結果は見えてきそうな気がします。
そこへ、海堀選手が1本目を止めた。
これで、ますますアメリカ選手のプレッシャーはきつくなる。
案の定、2本目は外し、3本目も海堀選手のファインプレーに阻まれる。
アメリカで決めたのは、気合いの入っていたように見えるワンバック選手のみ。
最後に熊谷選手が豪快に蹴り込んで、試合終了。
なでしこジャパンの優勝の瞬間です。

さすがに気持ちよかった。
うれしかった。
ちょうど、オリンピックで女子ソフトボールが金メダルを獲得した時と同じような感覚に包まれた。
青臭いことを言うつもりはないが、やはり『ひたむきに夢を追いかける』というのは素晴らしいと思う。
ホントにおめでとう。

個人的には岩渕選手のプレーをもう少し見てみたかった。
永里選手も本調子では無いようだった。
体調や怪我が原因かも知れない。
このあたりは、見ているだけではわかりませんからね。
試合に出ることがなかった選手もお疲れさまでした。
安藤選手はゴールこそありませんでしたが、前線からの懸命なプレスや裏への飛び出しはすごくよかったと思います。
川澄選手の最後まで落ちない体力にも感心させられました。
宮間選手の試合終了時のアメリカ選手への対応に、南アフリカワールドカップの日本対パラグアイの PK 後にパラグアイの選手が駒野選手に駆け寄ってきたのを思いだしました。
本当に宮間選手っていつでも冷静なんですね。

とにかく、楽しませていただきました。
本当におめでとうございます。

recent posts