prev. page:Abu Dhabi Grand Prix 2011
next page:ロンドン五輪 アジア最終予選 第3戦 対シリア戦

 

November 17, 2011

2014年ワールドカップ アジア3次予選 北朝鮮戦

いや〜、試合会場の雰囲気が異様でしたね。

国歌斉唱の時の反応は予想できましたが、それ以外でも色々とすごい...
聞くところによると入国時から色々と大変だったようで、選手もスタッフの方々もお疲れさまでした。
しかし、FIA も『何かコメントを出せよ』と言いたくなります。
ひど過ぎるでしょ。

世間では、ザッケローニ監督の連勝記録がどうだとか言ってますが、そんなことはどうでもいい。
最終予選の進出は決まっているわけだから、選手に怪我がなければ由としなければ。
まぁ、勝つに越したことはないですけど、スターティングメンバーを見れば、監督の試合に対する考え方がわかるのではないでしょうか。
遠藤選手は体調が万全ではないみたいですが、川島選手や香川選手を外してくるということは、そういうことですよ。

試合には負けましたが、人工芝のグラウンドも経験できたし、怪我もなく帰ってこられたので良いともいますよ。

あとは、2月のウズベキスタン戦を残すのみ。
そして、いよいよ6月からは最終予選。

選手の皆さん、スタッフの方々、関係者の皆さま、頑張ってください。

recent posts