prev. page:バレーボール世界選手権と最近のスポーツ番組
next page:大晦日に今月初のエントリー.....

 

November 28, 2006

横浜 FC とラグビー日本代表、そして横綱審議委員会

またまた、スポーツの話題が続きましたのでひとつにまとめました。
ちょっと長くなるかも.....

横浜 FC の J2優勝と来期の J1昇格が内定しました。(現時点では内定っていうことでいいんですよね)
ホントおめでとうございます。
かつての "横浜フリューゲルス" 時代から応援してきたサポーターの方々は、さぞかし喜びも大きいと思います。
しかし、横浜 FC は "横浜フリューゲルス" とは全く違うクラブ・チームだという意見もあるようです。
確かに "横浜フリューゲルス" は消滅(厳密には横浜マリノスに吸収合併)して、その後のクラブの設立、市民参加型クラブを目指した "ソシオ" と運営会社とのトラブルなど、紆余曲折を経てのクラブなので "横浜フリューゲルス" ではないと言えるかも知れない。
でも、ここではあまり細かいことは言わず心から J1 昇格(まだ、J リーグの理事会で承認されていませんが)におめでとうと言いたい。

これからが大変だと思いますが、頑張ってください。
例え運営が息詰まってオーナー・運営会社がかわっても、ユニフォームの色を変更するような愚かなことはしないでくださいね。

ラグビー日本代表が、ワールドカップ 2007 フランス大会への出場を決めました。

これもおめでとうと言いたいし、来年のことですが楽しみも増えました。
が、あまり世間では話題になっていないような気がする。
ジョン・カーワン氏が代理ヘッドコーチになったときも、それほど大きな報道はなかったように思う。
もちろん一部のファンの間では話題になったのでしょうけど.....
ジョン・カーワン氏がヘッドコーチになるっていうのは、ジーコ氏がサッカー日本代表の監督になったのと同じくらいのインパクトがあると思うんだけどなぁ。
私がかつてウェールズ代表の JJ ウィリアムズ氏や JPR ウィリアムズ氏に憧れたように、ジョン・カーワン氏に憧れてラグビーを始めた人も多いのではないでしょうか?
それなのにあまり話題にならない.....
こんなことで "2015年ラグビーワールドカップを日本に招致" できるのかなぁ。
2011年のラグビーワールドカップを招致していて失敗したことも知らなかった人がほとんどだと思います。
まぁ、電通さんと業務委託契約を結んだようですので "2011年ラグビーワールドカップ招致失敗" のようなことはないでしょうけどね。
"2015年ラグビーワールドカップの招致" については、思っていることがあるので別の機会に書きたいと思います。

で、横綱審議委員会です。
私自身相撲は好きですがそれほど熱狂的なファンというわけではないので、あまり細かいことは言いたくなかったのですけど、今回の横綱審議委員会のコメントはちょっとおかしいと思います。
横綱の品格論や横綱審議委員会の存在価値などは私があれこれ言うよりも、もっと相撲を愛する人におまかせしますが、やっぱりちょっと気になることがあります。
横綱審議委員会のコメントと言うよりは、横綱審議委員のコメントと言った方がいいかもしれない。
"けたぐりという言葉からして下品" というコメントはどういう意味なのでしょうか?
漢字で書くと "蹴手操り" だと思うのですが、これのどこが下品なんでしょうか?
何か別の意味でもあるのでしょうか?
また、"横綱がやるべきじゃない。品格にかかわる。" というのも理解できない。
"蹴手操り" は、正式な決まり手じゃないのですか?
反則まがいのことをしたのならともかく、正式な技でもダメなのですか?
このようなコメントを聞くと、松井秀喜さんが高校野球で5打席連続敬遠されたことを思い出してしまいます。
敬遠はルール違反でもないのに相手チームの監督は非難されました。
ルール違反かどうかわからないようなグレーな場合は、非難されることがあってもいいと思いますが、敬遠はそうではない。
5打席連続敬遠が非難されるのではなく、たとえ勝利優先であっても監督が選手や投手の気持ちを理解していたかどうかが問題なのだと思う。
話がそれましたが、横綱だけがやってはいけない技があるなんてやっぱり変です。

また、朝青龍が最後の仕切りを終えたあとに締め込みを叩く動作を、『みっともない』と発言したようですが、かつて多量の塩をまき顔や締め込みをたたく力士や現在も顔や胸を激しくたたく力士がいますが、彼らの動作が『みっともない』というのを聞いたことはありません。
横綱だから『みっともない』のですか?

千代の富士が平幕か三役のときだったか、横綱輪島とにらみ合ったときに『横綱に対して失礼だ』という意見がありました。
しかし、千代の富士の人気と実力があがってくると手のひらを返したように『気合いが入っていてすばらしい』とコメントする。
横綱審議委員会のコメントかどうかは覚えていませんが、こんないい加減なコメントは聞いたことがありませんでした。

最後に九州場所の観客のマナーや態度がかなり悪かったようですね。(番狂わせでもないのに座布団が飛び交ったり、地元力士以外は声援をしなかったり.....)
横綱審議委員会ではなく相撲協会の仕事だと思いますが、もうちょっと考えた方がいいような気がします。

デーモン小暮閣下の方が相撲に対する造詣や相撲を愛しているように思うのは私だけだろうか.....

recent posts