prev. page:久しぶりにちょっとワクワク... :: Grand Prix de Monaco
next page:photo gallery の写真

 

May 31, 2007

為末 大選手は素敵です

5月27日、東京の " 丸の内仲通り " で、" 東京ストリート陸上 " が開催されました。
IAAF世界陸上2007大阪大会に向けて、陸上競技の楽しさや迫力をたくさんの人に見てもらい、陸上球技界を盛り上げるためのイベントですよね。
イベントの様子は映像でしか見ていませんけど、子供たちの驚きや楽しそうな顔を見るととても有意義なイベントだったのではないかと思います。
一流アスリートを間近に見ることができて幸せだったのではないでしょうか。
誰が一番早く走れるか、誰が一番高く飛べるか、誰が一番遠くに飛べるかなど、シンプルであるけど迫力のあるスポーツが陸上競技だと思います。
是非ともIAAF世界陸上2007大阪大会は、見に行きたいですね。

それにしても為末 大選手は、素敵ですよね。

クイズ番組で獲得した賞金を " 東京ストリート陸上 " の資金にするなんて、なかなかできることではないと思います。
もちろんスポンサーや警察、東京都などの協力がなければできないことでしょうが、何より為末選手をはじめとするアスリートたちの熱意がないと開催できなかったのではないでしょうか。
また、" 東京ストリート陸上 " だけではなく " キッズアスリート・プロジェクト " というイベントも開催している。
子供たちに陸上競技の楽しさを感じてもらうために陸上選手たちが全国各地をキャラバンするというイベントです。
このように陸上競技の一流選手たちが陸上競技のことを思い活動しているかと思えば、先日 " 全国高校体育連盟 " が発表した全国高校駅伝の規則には呆れてしまいました。
外国人留学生を1区に起用することを禁止することにどれだけ意味があるのだろう?
一体誰のための規則なのかわからない。
どの高校の駅伝選手かは覚えていませんが、『はじめから外国人選手に勝てないと言われているみたいで悔しい。』と言っていました。
これを聞いて " 全国高校体育連盟 " は何とも感じないのだろうか?
高校野球にしても陸上競技にしてもアマチュアスポーツ界は、ホントにどうかしていると思います。
いったい誰のためのルールづくりなんですかね。
為末 大選手たちが頑張っているのにね.....
もちろん為末 大選手はアマチュアではなく、プロアスリートです。
プロだからこそできるのかも知れませんが、アマチュアスポーツ界も見習って欲しいものです。

為末 大選手、これからも頑張ってください。

ただ、個人的には所属しているマネージメント会社が好きではないので、それだけが残念です。
ホワイトリボンのその後はどうなったんでしょうね.....

recent posts