prev. page:もったいないなぁ...
next page:波乱のレース :: Grand Prix of Europe

 

July 22, 2007

AFCアジアカップ 2007 日本対オーストラリア

勝ってよかった。
あと2試合見ることができる(^ ^)

で、試合の感想をちょっと...

まず、すべての時間帯で日本が試合をコントロールしていたように思います。
攻めっぱなしということはあり得ないわけで、もちろんオーストラリアに攻め込まれる時間帯もありました。
それでも、日本が主導権を握っていたと思います。
特に退場者が出てからオーストラリアは完全に PK 戦狙いに切り替えたようですしね。
90分、もしくは延長戦で勝ちきれなかったのはちょっと残念ですが...

アジアカップにおけるオーストラリアのモチベーションってどうだったんだろう?
W杯とは違うと思うし、キューウェルも本調子でなかったようで、全体的に動きが悪かったように感じました。
アジア特有の湿度の高い厚さに慣れていないというのもあったでしょう。
ただ、オーストラリアの戦い方は1年前と同じに見えました。
よく言えば『フィジカルが強く、あたりの激しいプレイ』、悪く言えば『きたないプレーをするチーム』。
ヨーロッパでプレーする選手が多いのがその理由なのか、もともとオーストラリアのサッカーがそういうものなのかよくわかりません。
しかし、ヨーロッパでは当たり前のプレーでもアジアでは通用しません。
つまり、審判の基準が違うということです。
W杯のときはファールにならなかったプレーもアジアカップではファールになったと思います。
そのあたりが、今大会でオーストラリアが本調子じゃなかった理由じゃないかなぁ。

いずれにしてもオーストラリアは強いチームだと思います。
そのオーストラリアよりも日本の方がいいサッカーをして勝ったというのが、とてもウ・レ・シ・イ。

recent posts