prev. page:波乱のレース :: Grand Prix of Europe
next page:2007 "コカ・コーラ ゼロ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース

 

July 29, 2007

AFCアジアカップ 2007 日本対サウジアラビア、韓国

色々なニュース、ブログで語られていると思いますので、準決勝、3位決定戦についてちょっとだけ。

まず、サウジアラビア戦。
ゲームの内容、コントロールは悪くないと思いましたが、後手後手にまわれば勝てないですよね。
2度リードを許し、2度とも同点に追いついたことは、チームとしてよい方向に向かっていると思います。
ただ、同点にしたあとに勝ち越さないと...

韓国戦は審判の判定に疑問が残りました。
どちらのチームに対しても『あれっ?』と思うような判定があったような気がします。
退場になったプレーもどちらともとれるように見えました。
ただ、韓国の選手が肘打ちを主張していたように見えた、その前のプレーでの高原選手との接触は明らかにファールではないと思います。
判定についてはどうこう言うつもりはありませんが、そのあとの監督・コーチの退場処分。

この処分についても主文の対象になった言動が、テレビではよくわかりませんでしたので何とも言えませんが、洪明甫コーチの行動はダメですよね。
判定に対し不服があるのはわかりますが、それならば試合後 AFC に抗議なり提訴でもすればいいと思います。
退場になったにもかかわらず延長戦前にグランドに戻り、選手と話すことなどもってのほかだと思います。
洪明甫コーチは日本でも長い期間プレーしたこともある偉大な選手でしたが、今回の行動には失望しました。
AFC も、1年間の資格停止にするくらいの裁定を下すべきだと思います。

まぁ、今大会を通じてはやはり個人の能力の違いが大きいと感じました。
個人の能力があってのチームプレーなんですよね。
それが世界の最低限の常識だと思いますし、オシム監督もわかっていると思いますが...
日本の場合、チームが先にあるんですよね。(サッカーに限らずほとんどのチームスポーツがそんなきがします。)
采配にも疑問があるような記事が多くあるようですが、状況を打破できるだけの能力のある控え選手がいなかったのではないかという気がします。
控えの選手を選ぶのも監督なので、そういう意味では監督の責任も大きいでしょう。
でも、スパーサブといえる選手がいなかったのではないでしょうか?
播戸選手がけがで離脱しなければ、スーパーサブになれたような感じがするんですけどね。
ガンバでも途中出場の機会が多いし、やるべきことがわかっているような気がします。
それがちょっと残念だったかな。

まぁ、今大会を教訓に次回 W杯予選までにチームとして成熟できればいいわけだし。
U-20、U-22にもいい選手がいますので、オリンピック後は A代表に入ってくるでしょうから、それまでもっと『おれが、おれが』という選手が出てくるのを期待したいです。

recent posts