prev. page:Formula 1 マクラーレンのコンストラクターズポイントを剥奪
next page:コリン・マクレー氏のご冥福を...

 

September 16, 2007

少し前に Rugby World Cup 2007 が始まったわけですが...

日本では、盛り上がっていないようです。
まぁ、サッカーのワールドカップに比べれば、ラグビーのワールドカップは歴史が浅いので、仕方のないことなのかも知れませんが、それにしても...
こんなことでは、 "2011年ラグビーワールドカップ招致失敗" と同じように "2015年ラグビーワールドカップを日本に招致" も失敗しそうだなぁ。
ただでさえ、野球やサッカーに比べてそれほど人気があるとは言えないのだから、こんな時にこそラグビーをアピールしなきゃ。
Rugby World Cup 2007 という絶好の宣伝材料があるのだからね。
そうでなければ、ホントに2015年の招致にも失敗しますよ。

で、試合のことですが対オーストラリア戦は、やはりというか大差で負けました。
今大会はターンオーバー制で挑むようなので、オーストラリア戦にどれくらいの比重を置いていたのかわかりませんが、結果はあんなものなのでしょう。
まだまだ、オーストラリアとは実力差があるということだと思います。

次にフィジー戦。

この試合は、もったいない。
日本、フィジーともミスが多かったように思えたので、試合内容としてはそれほど充実していたとは言えないのかも知れませんが、それでも面白かった。
日本が終盤追い上げたという展開なので贔屓目に見ているのかも知れませんが、スタジアムの歓声、拍手を見ているとやはり、この試合は面白かったのだと思います。
スポーツに "タラ・レバ" は禁物なのはわかっていますが、やはり SH 交代の影響は大きかったですよね。
もし、交代がなければフィジーの2トライは防げたと思うんだけどなぁ...

それにしても悔しい。
見ている私でもこんなに悔しいのですから選手はもっと悔しいでしょうね。
是非とも次戦もフィジー戦のようなモチベーションで試合に挑んで欲しいです。

ジョン・カーワン氏との契約はいつまでなんだろう?
このまま、次回ワールドカップまで続投というのは、無いのかなぁ...
ヘッドコーチに就任して約1年。
もうちょっと、カーワン・ジャパンを見てみたいです。

recent posts