prev. page:何か退屈なんですよね :: Grand Prix of Italy
next page:Formula 1 マクラーレンのコンストラクターズポイントを剥奪

 

September 13, 2007

スポーツの秋というわけではないと思いますが...

何故か、大きな大会が色々とありますね。
サッカー、ラグビー、女子バレーボールもありましたし、世界柔道も始まります。
やっぱり、スポーツの秋ということなのでしょうか?

まず、サッカー日本代表対スイス代表の試合。
久しぶりに楽しかったです。
まぁ、勝てたというのもそうなんですけど、見ていて「うんうん」と頷けるような試合だったように思います。
前半は、スイスのプレスに押されて全く自分たちのサッカーをさせてもらえなかったので、「ダメなのかなぁ」と思っていたのですが、後半は見違えるようによくなったような気がします。
スイスの足が止まったということなのでしょうが、今までは後半になると足が止まるのは日本の方だっだと思います。
最後まで日本の方が走れていたのは、気候の影響なのかもしれません。
例え理由がそうだとしてもこれは少なくともオシム監督が目指そうとしているサッカーじゃないのかなぁ。
それにしても変則的な試合をする大会だなぁ...

次に U-22 オリンピック最終予選の対カタール戦。
まずまずかな。
この試合は絶対に勝たなければいけない試合のひとつなんでしょうが、勝ててよかったです。
それと以前から言っていたように平山選手を外した方が、やはりいいような気がするのは私だけですか?
森島選手、よかったじゃないですか。
決めなければいけない場面もありましたが、身体を張ったポストプレーなど平山選手よりは絶対いいと思います。
なにより、あの "がむしゃらさ" がいいですよね。
家長選手もよかった。
A代表の松井選手もそうなのですが、やっぱり『サッカーは仕掛けていかなければ』と家長選手を見ていて思いました。
もっともっと、仕掛けましょうよ(^ ^)

女子サッカーワールドカップ
う〜ん、見ていないので何とも言えませんが、ちょっともったいないかなという印象です。
最後にドローに持ち込んだのは素晴らしいと思いますけど、勝てたんじゃないかなと思ってしまいます。
次の試合に頑張ってもらいたいのですが、アルゼンチン、そしてドイツですからねぇ...
とにかく悔いの無いように勝利を目指してプレーしてください。

で、ラグビーワールドカップなんですが、長くなってきましたので次のエントリーにて...

recent posts