prev. page:Rugby World Cup 2007 :: 対ウェールズ戦
next page:アシックス創業者、鬼塚喜八郎氏のご冥福を...

 

September 27, 2007

Rugby World Cup 2007 :: 対カナダ戦の放送

惜しかったです...
というか勝ちきれなかったのが、今の日本の実力なんでしょうね。
負傷者が多くベストメンバーといえなかったのかも知れませんが、逆に言えば選手層が薄いということになります。
ディフェンスはよかったと思いますが、攻撃がねぇ...
パスミスなど初歩的なミスが多かったように思います。
ワールドカップという雰囲気、相手からプレッシャーなど、ミスに繋がる原因はわかりますが、それを無くしていかないと。
まぁ、こんなことはプレーしている選手たちの方が、感じていることだと思います。

それよりも

日テレ 平のトライ飛ばし苦情殺到 - スポーツニッポン - Yahoo!スポーツ

ラグビーのワールドカップ、日本--カナダ戦を中継した日本テレビが平のトライシーンを飛ばして放送する"珍事"があった。

事情は理解できますが、メディアとしてはやってはいけないことでしょう。
特にスポーツの放送だと尚更ダメだと思います。
結果がわかってから見ることほどつまらないものはないです。
まして、日本が攻め続けていた時間帯の約4分間が飛んだわけでしょ?
これではゴールキックを狙っている意味がわからない。
スポーツ中継のレベルが低すぎます。
特に地上波の中継は、『見てもらわなくてもいい』とでも考えているのではと思ってしまうくらいレベルが低い。

この間のエントリーで、中継のアナウンサーが鬱陶しいと書きましたが、MotoGP の中継でも同じことを感じました。
特に覚えているのは、数台のグループがコーナーにさしかかったときに「●●選手が広がったぁ!!」と叫んで実況しているシーン。
何が広がったのかと思って見ていてもよくわからない。
結局、その選手がコーナーアウト側に膨らんだことを言っているのだとわかりましたが、そういうときは『広がった』とは言わないでしょ。
普通は、『アウトにはらむ』『アウトに膨らむ』という言い方を使いますよね。

それと、『史上初日本グランプリで初めて MotoGP クラスのチャンピオンが決まるかも知れません』とさんざん煽っておきながら、そういうシーン(チャンピオンになった喜びのシーンや表彰台のシーンなど)は一切放映は無し。
確か、日本車以外に乗ったチャンピオンは30年ぶりくらいじゃないかなぁ。
そういう意味でも感動的なはずなのに、煽るだけ煽って放送しないってどういうこと?

で、今回の "ラグビーのワールドカップ、日本対カナダ戦" の放送。
アナウンサーの質が落ちたのかと思っていましたが、テレビ局自体のレベルが落ちたんですね。
それとも地上波の中継はどうでもいいと思っているのかな...

recent posts