prev. page:今日は、Valentine's Day ですね
next page:東アジア選手権 :: 日本対中国

 

February 18, 2008

東アジア選手権 :: 日本対北朝鮮

試合会場の雰囲気や観客の態度が4年前のアジアカップのときと変わっていないような気がする。
ホントに大丈夫ですか?オリンピック。

ドローです。
トホホな気分になりました。

岡田監督になってまだ数試合ですので、結論を出すには早すぎると思っていますが、どうも内容的に後退しているように感じます。
選手の要望で試合の途中にワンボランチからダブルボランチに変更になったようですけど、オシムさんのときに "ワンボランチは日本にはまだ早い" ということで、選手も納得していたんじゃないのかなぁ。
日本にとってワンボランチが時期尚早なのかはわかりませんが、練習不足なのは間違いない気がします。

それと、この前も書いたと思うのですが狭い地域でボールを廻しすぎる。
ずっと以前から日本の欠点として、狭い地域でのプレーというのが言われていたと思います。
それを逆に長所にしようという戦術なのだろうと思いますが、ダイナミックさに欠ける。
試合を見ているとそれほど効果的なパス回しだとは思えないし、相手に引っかかりボールを奪われることも頻繁にあったような気がします。

駒野選手を投入したときに何故、加地選手とポジションを入れ替えなかったのだろう?
加地選手であれば左サイドバックでも問題なくプレーできるとは思いますが、やはり専門は右でしょう。
その点、駒野選手は左右どちらでもできるわけですから、加地選手とポジションを入れ替えるべきだったと思いますけど...
何か見えてこないんですよね、やりたいことが...

あと、日本が同点もしくは負けているときで残り時間が少なくなってきたときに、後(ディフェンスライン)でボールを廻し過ぎのような気がします。
残り時間が、5分とか3分、ロスタイムというときに後ろでダラダラとボールを廻しているのは何故ですか?
ボールの出しどころがないのですか?
それとも綺麗に繋いで点を取りたいのですか?
理由はよくわかりませんが、これもずーと以前からの日本の悪いところだと思います。
勝ちたいんでしょ?
勝たなければいけないんでしょ?
それならば、もっと早く前線にボールを入れましょうよ。
メリハリのある効果的なボール回しならばいいのですが、残り時間の少ない中で単調なボール回しで結局ボールを奪われてましたよね。
それならば、前線に放り込みましょうよ。
昨日のラグビートップリーグの三洋のような気迫が感じられないし、『勝ちたい』っていう気持ちが伝わってこないんですよね。
あの残り時間での逆転劇。
勝ちたいというチームの気持ちがひとつである証だと思います。
サッカー日本代表にも見習って欲しいです。

これも今まで書いてきましたが、やっぱりテレビ中継のアナウンサーの質が低すぎます。
あまりにもひどすぎて音声を消して見てました。
まぁ、例のボクシング中継をしたテレビ局なので仕方ないのかも知れませんけどねぇ...

最後に試合は見ていないのですが、男子テニスの錦織選手。
おめでとうございます。
松岡修造さん以来16年ぶりなんだそうですね、ATP ツアー大会で優勝するのは。
これからも頑張ってくださいね。

recent posts