prev. page:東アジア選手権 :: 日本対中国
next page:南米開催でもダカールの名は残る...

 

February 21, 2008

ん?おやじ焼きって...

堂島、田の家のおやじ焼き

前々から食べてみたかったんですが、なかなか機会がなくて...
でも、やっと食べることができました (^ ^)

実は、最近のたこ焼きってあまり好きではないんですよね。
現在は住んでいませんが、大阪に生まれ育って約40年です。
もちろん、たこ焼きは小さい頃から食べています。
でも10年くらい前からだと思うのですが、たこ焼きのソースがすごく甘くなったような気がしてならない。
たこ焼きのソースって元々甘めなので、"甘過ぎてこってり" といった方がいいのかも知れません。
だから、2、3個食べるともう受け付けないというか、飽きちゃうんですよね甘過ぎるソースの味に...
昔のたこ焼きソースってもうちょっとさらっとしていたと思うんだけどなぁ。

で、写真の "おやじ焼き" なんですが、これは美味しいです。

写真では普通のたこ焼きと変わらないように見えますが、違うんですよねぇ。
簡単にいうと、たこ焼きの上にウズラの玉子焼き(目玉焼き)がのっていると想像してもらうとわかりやすいと思います。
実際の焼き方はというと、たこ焼きの鉄板にウズラの卵を落としていき、その上に焼き上がったたこ焼きをのせて、卵が半熟になるまで焼いていくんですけどね。
やわらかいたこ焼きの生地、半熟のウズラの玉子焼き(目玉焼き)にソースとマヨネーズが絡み合って、よりまろやかになって美味い。
ちょっと大きめのたこ焼きにウズラの玉子焼き(目玉焼き)がのっているので、ボリュームもあります。

"おやじ焼き" というネーミングは、ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじから名付けて商標登録もしていると以前聞いたことがある。
ホントかどうかはわかりませんが、今度聞いてみよう。

もちろん普通のたこ焼きもありますが、チーズなどの具を入れることができる色々な創作たこ焼きも有名です。
確か、焼きそばを入れるたこ焼きもあったんじゃないかなぁ...
今回は時間がなくてお持ち帰りだったのですが、今度はゆっくりとお店で色々と食べてみたいですね。

 

大きな地図で見る

大阪、梅田からでも十分徒歩圏内ですので興味のある方は是非!

recent posts