prev. page:Rally of Turkey
next page:花の名は?

 

June 19, 2008

Ove Andersson 氏のご冥福を...

今日まで知りませんでした。
1週間ほど前なんですね。
彼の死はもっとニュースになってもいいと思うのですが...
やはりモータースポーツというのはこの国では根付かないのかな。
一部のメディアで今週末の GP を "トヨタの弔い合戦" という表現をしていますが、言葉の使い方が気になる。
正確には間違っていないかも知れませんけど、表現として的確とは思えません。
哀悼の意を表する意味で "弔い" という言葉も使われますが、"弔い合戦" となるとちょっと違うような気がします。

それと名前が "ティム・アンダーソン" となっていましたが、海外のサイトTOYOTA F1 TEAM official site でも "Ove Andersson" となっています。
正確な氏名は知りませんが、オフィシャルサイトで "Ove Andersson" となっているので、この表現も正しくないのでは...
私も長い間ラリーや F1のファン、モータースポーツにちょこっと関わったことがありますが、"ティム・アンダーソン" というのは聞いたことがないです。
やはり、メディアがこんな調子なのでモータースポーツが文化として根付かないんだろうなぁ
ちょっとためいき...

一度だけお目にかかったことがあります。
といっても言葉を交わしたわけではありませんけど。
随分と昔の話です。
彼がラリーに関わっていた頃の話です。
とても穏やかな感じの紳士でした。

トヨタが F1に参戦を決めたときの彼のうれしそうな顔を今も思い出します。
私としては F1ではなくて、そのまま WRC を戦って欲しかったです。
それにしてもラリーで命を失うとは...

トヨタは今週末の Grand Prix of France で哀悼の意を表するようです。
彼の尽力無くてしては、今のトヨタ F1チームはできなかったでしょうからね。

目を閉じると TE27 が目に浮かびます。

ご冥福をお祈りします。

合掌。

recent posts