prev. page:久しぶりに Tokyo Disneyland へ行ってきました
next page:Grand Prix of Bahrain

 

April 25, 2009

あの日から4年が経ちました.....

そう、あの日というのは JR 福知山線脱線事故のことです。
当時は通勤に JR 福知山線を使っていたわけですが、事故を起こした快速電車がちょっと混むのでそれより少し前の各駅停車を主に利用していました。
ただ、月に1、2回は乗車することもありました。
というわけで、私は事故車両には乗車していなかったので、事故の当事者ではありません。
ですので、JR 福知山線脱線事故のことは何も書かないでおこうと思い、昨年は何も書きませんでした。

しかし、今年は気になる記事を見つけたのでちょっとだけ書かしてください。

脱線事故のJR西日本車掌、職場復帰と損害賠償を求めて提訴

兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、事故車両で乗務していた松下正俊車掌(46)=休職中=が14日、JR西日本を相手取り、車掌として復帰することと100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

訴訟を起こすのは自由です。
でも、未だに休職中なのでしょう?
それは何故ですか?
車掌として勤務できないからではないのですか?
それと、事故を起こした快速電車の最終車両に乗車していた私の知人から、事故当時パニックになり車掌としての職務を全うできていないような話を聞きました。
数人の乗客に指示されて初めて行動したように聞きました。
それなのに...

JR西日本:「25日までは事故なく」 天王寺電車区、内部向け非常事態宣言

JR西日本の天王寺電車区(大阪市)が今年2月下旬、管内でミスが相次いだのを契機に、上司による個別指導の実施などを含む「非常事態宣言」を内部向けに出したことが分かった。宣言は「少なくとも(福知山線脱線事故の日の)4月25日までは事故等を発生させないように取り組む」ことも求めており、事故遺族らは「形を変えた日勤教育の復活。期限を4月25日にするのも理解に苦しむ」などと疑問を示した。

確かに理解に苦しみます。
最近は、JR に乗ることがほとんどありませんので、どのような運行状況なのかわかりません。
利用客の苦情が絶えないということは、やはり体質として改善されていないのでしょう。
だいたい『4月25日までは事故等を発生させないように』というのはどういうことですか?
4月25日を過ぎれば、事故等を発生させてもいいのですか?
ホントに開いた口が塞がりません。
未だに苦しんでおられる被害者の方やその関係者の方々のことなど、何とも思っていないのですね。
情けないです...

機会があるたびに紹介してきましたが今回も紹介します。
" 2005年4月25日 福知山線5418M、一両目の「真実」" というサイトです。
" 福知山線快速脱線事故 " を風化させないためにも是非サイトを訪れ、皆様で事故のことを考えてください。
もしかしたら、あの日、あの快速電車に乗っていたかも知れない者からのささやかなお願いです。m(_ _)m

recent posts