prev. page:Grand Prix of Europe
next page:Grand Prix of Belgium

 

August 25, 2009

F1日本グランプリが鈴鹿サーキットで2010年から3年連続開催決定

うれしいニュースです。
富士スピードウェイ(というよりトヨタといった方がいいかもね)の身勝手で無責任な、F1開催の撤退によって空白になっていた2010年以降の日本グランプリを鈴鹿サーキットで開催することが発表されました。

【鈴鹿サーキット】2010年 F1日本グランプリレース開催契約締結のご案内 - F1ニュース ・ モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランド(取締役社長:大島裕志)は、F1グランプリレースの開催権を統括するFOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション 代表:バーニー・エクレストン)と、2010年の鈴鹿サーキットにおけるF1日本グランプリレース開催について契約を締結しました。

ひと安心ですね。
日本で最初にF1を開催したのは富士スピードウェイですが、『鈴鹿 = F1』と思っている人が多いのではないかなぁ。
それほど1987年からの20年間の実績は多くの人が認めていることだと思います。
だから、鈴鹿でF1が開催されることが発表されて、喜んできる方も多いのではないでしょうか?
ただ、2012年以降の開催については未定なのでそれがちょっと心配ですが、このご時世、約4年後のことまで決められないのも理解できますけどね。
それともFOAの思惑があってのことかも知れませんが...

以前の記事で鈴鹿サーキットと富士スピードウェイでは、レース開催における印象に違いがあると書きましたが、その理由をちょこっと...

その前に、これはモータースポーツの端っこにぶら下がっていた一個人としての意見であるということと、鈴鹿と富士とではサーキットに行った回数が全然違うということをご理解ください。
関西なので圧倒的に鈴鹿サーキットの方が、訪れた回数は多いです。

まず、サーキットの運営などは両者とも違うのが当たり前で、どちらが良い悪いというようなことはあまり言いたくはありません。
トヨタの富士スピードウェイF1グダグダ運営などによると富士スピードウェイでの開催時はかなり運営がずさんだったようですけど、鈴鹿でも不手際などはあると思いますからね。
まぁ、それでも富士スピードウェイの2007年の運営はずさんというのを通り越して、ひどすぎるものがありますが...
特にトヨタ関係でね。

で、運営についてあれこれ言わないとなると、何の印象が違うのかということになるわけですが、サーキット周辺のことなんですよね。
周辺といっても道路などの環境のことではなく、周辺にお住まいの地元の人たちのことです。
もちろん道路なども重要な要素であることは間違いないですが...

一番違いの感じるのは、地元の人たちの熱意と言うか取り組み方というか、そういったものの印象が大きく違うような気がします。
F1開催ということだけに絞り込むと、20年と2年では歴史も実績も違うわけで、当然印象も違ってくるでしょう。
でも、それだけではないような気がするんですよね。
鈴鹿の場合は、F1以外にもうひとつ大きなイベントが毎年夏にあります。
そう、鈴鹿8時間耐久ロードレース、通称『8耐』です。
ブームのときのようにテレビ放送がなくなったり、ニュースにならなくなっても全国からバイク乗りが集まる夏の一大イベントです。
その『8耐』などでも同じ印象を受けるんですよね。

『8耐』も『F1』も周辺のお店の人や普段は農業に携わっている人、もちろんレースに携わっている人、地元の人みんなで盛り上げるイベントになっているような気がする。
もちろん、渋滞などで迷惑だと思っている人もいるかもしれないし、地元の人間ではないので勝手な想像かもしれない。
それでも、何故かそういう印象を受けるんですよ。
鈴鹿の人たちが、「ほら、これがオラが村のお祭りだ!」と胸を張っているような気がする。
残念ながら富士スピードウェイではそれが感じられなません。
特にこの2年間のF1開催においては、地元というより『トヨタ』色が強いですからね。
当然、鈴鹿は『ホンダ』のお膝元です。
サーキット周辺でも『ホンダの町』であるというのはヒシヒシと感じますが、それでもやはり『地元の人たちのお祭り』だと印象が強い。

この『これがオラが村のお祭り』という印象は、海外のラリーやサーキットに行ったことがある人なら感じたことがあると思います。
そうなんですよ。
私がモンテカルロラリーでフランスの山の中を走っていたときに感じた、地元との一体感。
そのときに実感した『自動車文化・レース文化』。
それが、鈴鹿サーキットにはあるのではないでしょうか?

それにしてもF1開催から撤退した富士スピードウェイは、これからどうするのでしょうね。
あれだけお金をかけて改修したのに...

recent posts