prev. page:サッカー日本代表の皆さま、お疲れさまでした
next page:オグリキャップよ安らかに...

 

July 4, 2010

2010 FIFA ワールドカップ 準々決勝が終わって...

さすがに、準々決勝となると面白い。
と言いたいところなんですが、今大会はちょっと...
オシム氏曰く、『モリーニョ(モウリーニョ)の戦術に支配されている』らしい。
確かにそういう傾向はあると思う。
自陣の深い位置で守り、カウンターで攻める。
日本代表もその傾向があったのではないでしょうか?
ただ、この戦術ではカウンターのチャンスも少なく、その少ないチャンスを確実に決める攻撃陣がいるという前提で成り立っているのだと思います。
日本対パラグアイの試合がいい例かも知れない。
両者とも守備重視でカウンター、決定力もそれほどなく点が取れないまま PK。
魅せるサッカーではなく勝つサッカーとなるとこのような戦術に頼るのが、簡単なのかなぁ...
それほど単純ではないと思いますけどねぇ。

オランダの監督も『トータルフットボールもサンバフットボールも過去のモノだ。』と言う発言をしていますしね。
勝つためには、そういうことなのでしょう。

で、それぞれの試合の感想を簡単に...

オランダ対ブラジル
前半と後半ではブラジルが違うチームになってしまったような...
特に同点になってからはね。
ドゥンガ監督はレフリーにリズムを乱されたといっていましたが、それほどゲームを止めていたという印象はありませんけど...
個人的には、ルシオが好きじゃないのでオランダが勝ってウレシイ。
ユース時代かオリンピックの時か忘れましたが、汚いプレイが目立っていたので嫌いになりました。
DF なので激しいプレイというのは必要でしょうけど、激しいいのではなく『汚い』という印象が強い。
まぁ、今大会はキャプテンということや大人になったということで、どちらかというとおとなしい感じでしたけど...
それにしてもスナイデルは確実に決めますね。
この決定力の差を見ると日本はまだまだですねぇ。

ウルグアイ対ガーナ
いや〜、ムンタリのシュートは素晴らしかったですね。
タイプは全然違いますが、ロベルト・カルロスのシュートを思い出しました。
後半ロスタイムのハンドはいかがなものか。
負けたガーナの選手もこれがサッカーだと言っていたみたいですが、あの場合はゴールを認めてもいいのでは?
ラグビーの認定トライのようなルールも必要かも。
それにしてもレッドカードを出されたときのあの態度。
まるで、「えっ?俺なの?」という他人事のような態度には笑わせてもらった。
それと、その PK をガーナの選手が外したときの喜びよう。
見苦しいくらい爽やかではないけど、すごくわかりやすい態度でした。 (^ ^)
個人的には、もうちょっとガーナの試合を観てみたかったです。

アルゼンチン対ドイツ
これは、もう戦術の差でしょう。
確かにドイツは才能のある若い選手も多く、クローゼなどのベテランも健在なのでチームとしてもまとまっている気がします。
やはりマラドーナに監督は無理だったのでしょう。
アルゼンチンの選手にとっては、それこそ神様のような存在でしょうから選手の気持ちや一体感を作ることは秀でているかも知れません。
でも、戦術があったとは思えません。
どこかの記事に書いてあった気がしますが、『戦術はメッシ』という表現をされていました。
その記事を書いた人にとっては、それだけ戦術が見えないということなのでしょうね。
南米予選を苦労したのもうなずけます。
バルセロナと違ってメッシが孤立していたように見えましたからね。
それにしても、ドイツは強い。
前評判が良くなくてもいつも勝ち上がってくる印象です。
あと、クローゼが記録を更新するか見物ですね。

パラグアイ対スペイン
日本戦と同じような感じ。
ちょっと退屈でした。
パラグアイと戦った日本がプレッシャーからか、パスミスが多かったと思いますが、今回はパラグアイのパスミスが多かったような気がします。
守備的な戦略の場合、折角ボールを奪ってもミスをしては勝てません。
やはり、" モリーニョの戦術 "" モリーニョ的な戦術 " は違うということなのでしょう。
スペインも攻めあぐねていましたが、所々スペインらしいサッカーを披露していたのでは?
次のドイツ戦では、ドイツもそれほど守備的な戦略をとらないと思いますので、よりスペインらしいパス回しが見られるのではないでしょうか?
ちょっと楽しみです。

3位決定戦を含めてあと4戦。
魅せるサッカーを披露して欲しいです。

recent posts