prev. page:Japanese Grand Prix
next page:Korean Grand Prix

 

October 14, 2010

サッカー日本代表、アルゼンチン戦、韓国戦が終わって

ワールドカップ後の試合なので、どのような戦術をするのか興味津々で見ていましたが、今のところまだよくわかりませんね。
ザッケローニ監督がどのような戦術やチームの方向性をどうするかは、まだこれからという感じだと思います。

この2試合を見た感想としては、基本的には岡田監督時の戦い方を踏襲しているように思う。
守備に関しては特にそう感じる。
ワールドカップ時に比べてよりプレスが早く、強くなったような感じを受けましたが、それがザッケローニ監督の指示なのか、チームとしての熟成度なのか、もうちょっと時間が経たないとわからないかも知れませんね。

攻撃については、それほど変わった印象を受けませんでしたけど、個人で勝負できる選手が増えたせいか、前へ行く意識は強く感じました。
やはり、本田選手、香川選手、松井選手、それに遠藤選手が加わると面白い。
このまま、順調にチームができ上がっていくと面白い日本代表が見られるような気がします。

あと、森本選手が覚醒してくれればなぁ。
まぁ、所属チームで出場機会が減っていますから、仕方ないかも知れませんが...

いずれにせよ、楽しみですね。

recent posts