prev. page:今年の運勢をかわいい鯛に託す...
next page:AFCアジアカップ 日本対韓国

 

January 23, 2011

AFCアジアカップ 日本対カタール

この間の記事で予想した通り香川選手の2得点などで勝ちました。
まぁ、予想といってもたまたま勘が当っただけですけどね。 (^ ^)

ゲーム内容としては1戦毎に良くなってきていると思いますが、まだまだミスが多い。
特にパスミス。
それもバックパスの時に中途半端なパスが多いような気がする。

カタールの1点目は、オフサイドかも知れないという微妙な感じでしたけど、ディフェンスが完全に遅れていたのは事実。
よく選手が勝手にオフサイドと決めつけてプレーをやめてしまうような事がありますが、今回はそうではなく完全に遅れていた。
もちろん、審判のホイッスルがあるまでプレーをやめてはいけないのは、サッカーに限らずラグビーや他の球技でも基本的なことですけどね。

カタールの2点目は完全にゴールキーパーのミスだと思います。
フリーキックを与えた吉田選手のファールも元は吉田選手のパスミスが原因です。
しかし、壁を1枚しか置かないのであればあのシュートコースはキーパーが防がないと...
それも、それほど強くないシュートをゴールの中でキャッチしてはいけませんよね。
このファールが原因で退場になった吉田選手ですが、審判に目をつけられやすい選手のような感じがします。
吉田選手が転んだ時に相手の選手に足が絡んだだけのように見えますが、見ようによってはわざと足を上げたようにも見えます。
当然本人は否定するでしょうけど...
つまり、それ以前のプレーがファール気味として審判に記憶されていたのだと思います。
もし、あのプレーが今野選手だったらファールにならなかったと思うのは私だけかなぁ?

まぁ、『中東の笛』とまでは感じませんが、アウェーの洗礼であることは間違いないでしょう。

そうそう、アウェーの洗礼といえば、もしも伊野波選手のゴールがなければ、香川選手の倒されたシーンは PK を取っていたのだろうか?
ファールを流したという感じではなかったような気がします。
あれはあきらかにボールではなく、足を狙っています。
ファール覚悟の確信犯的なタックルです。

それと伊野波選手のポジショニングが色々と言われているみたいですね。
監督からの指示で上がるな(攻撃参加を控えろ)といわれていたみたいですが、後半44分という時間帯を考えればゴール前に詰めるのは OK だと思うんだけどなぁ。
まぁ、ロスタイムが4分あったので際どい判断かも知れませんが、延長戦ではなく試合を決めに行ったのであればいいと思います。
もちろん、反対のサイドで長友選手も高い位置にいましたので、守備のバランスを考えると良くないのかも知れませんね。

それにしても、カタールの選手はアフタータックルが多いような気がします。
審判は早い時間のうちに一度、ファールをとっておかないとこのような試合になると思いますよ。
その審判のファールの基準を示しておかないと。
こういうタックルは危険ですからね。
日本の3点目のシーンなんて、長友選手のパスから伊野波選手のゴールまで何人が倒されいたことか。
アウェーの判定だとしてもオフサイドを見逃すのと危険なタックルを見逃すのとでは、全然違いますから。
一歩間違えたら選手生命に関わる怪我をする可能性だってありますからね。

準決勝は東アジア同士の試合になったので、もう少しマシなジャッジがおこなわれることを期待しよう。

韓国対イラン戦はさすがに眠たかったので見ていませんが、オーストラリア対イラク戦は面白かったなぁ。
オーストラリアの平均年齢は高そうなので、延長戦になると不利かなと思っていましたが、経験が活かされた感じがしました。

それにしても香川選手はホントにトラップが上手い選手ですよね。
前にも書いたと思うのですが、ホントに上手い。
長谷部選手の強いパスをきっちりと足下に収めていましたからね。
本来、トラッピングとはボールを止めることではなく、次のプレーに繋がるように自分のコントロール化に置くことを意味しますから、トラップのお手本だと思います。

香川選手のシュートやドリブルを評価する記事などはよく目にしますが、もっとトラップの技術について評価があってもいいと思うんだけどなぁ。

recent posts