prev. page:AFCアジアカップ 日本対韓国
next page:日本人サッカー選手が色々な国で...

 

January 31, 2011

AFCアジアカップ 日本対オーストラリア

優勝しましたね。
うれしい。
私の場合、勝敗よりも内容を気にしてしまいますが、やっぱり優勝はいい!

で、そのゲーム内容...

開始当初から今までの日本代表の勢いが感じられなかった。
監督の指示でスローペースなのか、オーストラリアの圧力で動けなかったのか、疲労で身体が重たかったのかはわかりませんが、あきらかにペースが違うように感じました。
いつもなら、前からどんどん行く印象があるのですけど、今回は抑えている印象がある。
まぁ、今までは前半から飛ばして後半バテることも多かったということもありますが...

反対にオーストラリアがガンガン来ていた感じ。
だから、いつもとは逆にオーストラリアが最後にはバテて、日本が案外最後まで体力が落ちなかったように感じます。
でも、日本も後半は中盤が間延びしたりしていたので、体力的にきつかったと思います。
パスミスも多かった気もするし...
個人的な感想としては、『どちらかというと退屈なゲーム』の部類に入ると思う。
パスの出しどころが無いような、バックラインでのパス回しも多かった気がします。
それが、前線で選手が動けていないのか、オーストラリアのプレッシャーが強いのか、テレビではよくわかりません。
テレビはどうしてもボールのあるところを映しますから、オフ・ザ・ボールの選手の動きというのはわかりづらい。

しかし、最後は長友選手の突破力とセンタリング、李選手のポジション取りとこれ以上はないという美しいボレーシュートで、一気にモヤモヤが吹っ切れました。 (^ ^)

それにしても長友選手を中盤に上げたことが功を奏しましたね。
あとから色々な記事を読むと選手からの要望だったとか。
監督の指示かと思ってましたけど、そうじゃなかったんですね。
監督は岩政選手と吉田選手のセンターバック、今野選手のポジションをひとつ上げるという指示を出したらしいのですが、今野選手がそれを拒否したらしい。
確かにテレビの解説で『今野選手がバツをだしていますね。』というシーンがあったように思う。
普通は、『バツを出す』ということは、怪我などで続行が無理だという意味だと思うのですが、その割にはその時点で選手交代がおこなわれなかった。
今にしてみれば、これが今野選手が拒否した場面なんですね。

それにしても、監督の指示(戦術)を拒否するって聞いたことないなぁ。
まぁ、拒否する選手はいるかも知れないけど、それを受け入れる監督というのは珍しいのでは?
私としては、今野選手といえばセンターバックよりもボランチの印象があるくらいなので、指示通りでもプレーはできたと思うのですが...
身体の具合(怪我をしていたのかも知れない)、システムの変更によるチームの混乱を最小限にしたいという意識だったのかも知れない。

それにしてもこの変更が結果的によかったということですからね。
長友選手が中盤左に入ったことによって、岡崎選手が右にまわったことも良かったのだと思う。
今までが、右だったしね。
長友選手が今までこのポジションでプレーしたことがないという記事を目にしましたが、イタリアでプレーしてませんでした?
ゲーム中のポジション変更で中盤をやってた記憶があるのですけど...
まぁ、『日本代表では、やったことがない』というのなら納得です。

あと、スタジアムなどの雰囲気として、日本を応援していたように感じたのですが、実際どうだったんだろう?
オーストラリアが攻撃している時よりも日本がボールを持って攻めている時の方が、声援が大きかった気がします。
オーストラリアよりも日本のサポーターが多かったのかも知れません。
でも、個人的な意見としては、日本人サポーターだけが応援しているようには思えません。
オーストラリアのロングボールを多用したサッカーよりも日本のようなサッカーの方が面白い。
確かにオーストラリアの攻撃には迫力がある。
でも、面白みには欠ける。
パスをまわすことでミスもある。
特に自陣でのパスミスは致命的です。
今大会でも再三ピンチがありました。
パスにこだわるあまり、シュートシーンでもパスを選択してしまうこともあります。
それでも、やはり見ていて面白い。
だから、日本人以外の観客も応援してくれるのではないだろうか?
韓国戦の時も感じましたけど、外国の人(日本人ではないという意味)が日本のユニフォームを着ていたり、顔に日の丸をペイントしている人が多いような...
決勝戦でもあきらかに日本のチャンス時の声援は大きかったと思う。
一部で『オーストラリアはオセアニアだからアジアカップは日本に取って欲しい』というような意見もあるようですが、私はそういう理由で日本を応援してくれるのではないと思いたい。
日本のサッカーが見ていて面白いから現地の人たちも応援してくれるのだと。
韓国戦の本田選手から長友選手へのパスから奪った1点。
ゴールは外しましたが、オーストラリア戦の長友選手から岡崎選手へのラストパス。
そして、李選手の得点シーンなどなど。
パス回しやスピードで、相手を崩してゴールを狙うサッカーというのはやはり面白い。
もちろん、スペインのような完成度はないかもしれない。
でも、このまま日本のサッカーを目指して欲しい。

最後に、私は遠藤選手が大好きです。
これからも日本代表として活躍して欲しいと思っています。
できれば年齢的につらいかも知れませんが、ブラジルでもワールドカップでも活躍して欲しい。
ということを踏まえて敢て言いますけど、遠藤選手の後継者を早く見つけないと...

選手、スタッフ、関係者の皆さま、お疲れさまでした。
約3週間、楽しませていただきました。

recent posts