prev. page:ハットトリックだよ、かっこいい!
next page:鈴鹿サーキットに行ったら8耐の公開合同テストをやっていた

 

July 5, 2011

あきれてしまった...

このブログで政治の事はほとんど書いてこなかったと思いますし、これからも書くことはほぼないと思います。
でも、今回の復興相の騒動にはうんざりです。

言葉が足りないとか語気が荒いとかではない。
言葉を知らないのではないかと思ってしまう。
言葉が悪いだけではなく態度が問題なのではないでしょうか。

例えば、「県でコンセンサスを得ろよ」と言っていましたが、「県でコンセンサスを得てください」と、何故言えないのでしょうか?
「お客さんが来るときは、自分が入ってからお客さんを呼べ」って、後から当事者だけに伝えればいい事なのではないですか?
まぁ、命令口調なのも問題だと思いますが...

それに一番気になったのは、「書いたら、もうその社は終わりだから」と言ったこと。
オフレコだから書くなというのは理解できることでもありますが、何故オフレコなのですか?
信念を持って発言しているなら、オフレコにせず堂々としていればいいじゃないですか。
まして、「終わりだから」って...
新聞やニュースなどでは、『威嚇』と表現しているようですが、どう考えてもこれは『恫喝』ですよね。
人間性が垣間見れた気がしました。

報道されているように『もともとやる気がなかった』とか、『首相への当てつけ』だとか、そんなことはわかりません。
また、いくら信念を持っていたとしてもあのような態度ではねぇ。

しかし、東北放送がニュースで流すまで、他の報道機関が取り上げなかったのは、かなり問題あるのでは?
やっぱり日本の報道ってダメですね。

それと幹事長の「被災者から見るとやや違和感を感じる発言ではないかと思う」って何?
そんな認識だからダメなのがわからないのかなぁ。
被災者だけでなく、ほとんどの国民が復興相の発言や高圧的な態度を問題にしていると感じないのですか?
それも『違和感』どころではなく!
その程度に認識って、ホントにどうしようもないですね。

で、結局辞任という事になったのですが、「B型で短絡的」と血液型を言い訳にしたり、「博多の人間ですけん。語気が荒かったりしたとは思う」とか...
だから、語気が荒いのではなく態度が問題なのがまだわからないのですか。

最後に「岩手でキックオフして、3日でノーサイドになりました」と言っていましたが、これも間違い。
岩手知事にサッカーボールを蹴ってから辞任までのことみたいですが、『ノーサイド』はサッカーではなくラグビーです。
まして、こんな状況は『ノーサイド』ではありません。
またしても言葉の意味を理解していない。

最後までダメですね。

recent posts