prev. page:鈴鹿サーキットに行ったら8耐の公開合同テストをやっていた
next page:祝!決勝進出

 

July 11, 2011

ドイツに勝ちましたね

後半途中からハラハラ・ドキドキで見てたのですが、いやぁ〜勝ちましたね。
前半を見ていないのでどんな感じだったのかよくわからないのですが、後半はかなり押されていましたよね。
シュートも結構打たれてた気がするし、ガンガン前からプレスも来ていたし、ドイツの迫力はすごかったと思います。
後半から見た感じでは、ドイツに攻められっぱなしという感じでしたけど、ボールポゼッションは日本の方が高かったようですね。
でも、もっとシュートまで持っていかないとねぇ。
いくらボールを保持していてもシュートで終わらないと...
まぁ、ボールを回しながら攻撃を組み立てるというのが日本のスタイルなので、ミスなく細かいパスを繋ぎながらゲームをコントロールすればいいと思います。
ただし、単純なミスを無くさないとね。

決勝点のシーンは、最終ラインでのボール回しから前線へのパスだったわけですが、ドイツ選手のプレッシャーがきつくて慌ててパスしたように見えたのですけど、実際はどうだったんだろう。
そのパスがうまく岩淵選手に渡ったのでよかったのですが...
その岩淵選手、トラップで背後の選手をかわそうとしたのだと思いますが、ちょっとトラップが大きくなったみたい。
すかさず澤選手がボールのところへ行きドイツディフェンスラインの裏側へ浮き玉のスルーパス。
そのパスを懸命に追いかけドイツ選手より一足早くシュート。
なかなか、素晴らしい一連の流れだったと思います。
岩淵選手からのパスだと思ったくらい、岩淵選手のボールが入ったと同時に裏へと動きだした丸山選手。
その動きを見逃さずパスを出した澤選手。
全速力で走りながらシュートを決めた丸山選手。
どれも素晴らしいし、簡単なプレーではないですよね。
新オウルという意味で、簡単なプレーという表現もできるのですが、質は高い。
丸山選手は、大学生の時から顔に似あわず、男性的な走り方をする選手だなぁと思っていましたが、ここ一番でやってくれました。
ホント、あれは難しいシュートですよねぇ。

今度は、準決勝。
何とか起きて試合開始から見なければ...

それにしても解説の川上さんの『カリナ〜!』、『やったぁ〜』という声が、か・わ・い・い。(^ ^)

recent posts