prev. page:優勝おめでとう!
next page:German Grand Prix 2011

 

July 25, 2011

サッカー、いろいろ...

Copa América 2011 final

click photo to enlarge.

Copa América 2011 final

photo : Sam Kelly

昨日は色々とサッカーの試合がありました。
ドイツでは、SUPERCUP 2011があったし、南米では Copa América 2011 の決勝、国内では今話題のなでしこリーグ

まず、SUPERCUP 2011
ダービーらしい白熱したゲームだったと思う。
香川選手も調子が良さそうです。
相手ゴール前でパスを選択するシーンが多いように感じたのは私だけでしょうか?
昨年なら積極的にシュートを打っていたような気がするのですが...
まぁ、回りが見えているという見方もできますけどね。
内田選手が出場しなかったのが残念でした。
しかし、ルール・ダービーはすごいですね。
去年、初めて見たのですが、両チームの応援がハンパじゃないですよね。
う〜ん、すごい。
あの雰囲気の中で平然とプレーしていた香川選手もやっぱすごい!

次に、Copa America 2011

ベスト4にブラジルもアルゼンチンも残っていないのも珍しいのでは?
アルゼンチンなんて地元開催なので、絶対残らないとダメでしょ。
女子のワールドカップでも開催国のドイツがベスト4に残らなかったし、開催国のアドバンテージはあまりなくなってきているのかな。
プレッシャーも相当あると思うしね。
試合はと言うとライブでは前半しか見ていません。
さすがに最後まで起きていられませんでした。
前半のフォルランが決めた得点はとても綺麗な攻撃だったと思う。
高い位置でのプレスでボールを奪ってフォルランへ丁寧なパス。
それを確実に決めるフォルラン。
さすがです。
やはり、前線からの守備というのは世界的な傾向なのでしょうか。
3点目も素晴らしい。
右に大きく振っておいてダイレクトで中央のフォルランへパス。
これまた、冷静にキーパーを見てのシュート。
カウンターのお手本のような攻撃でした。

最後になでしこリーグ
スカパーで無料放送があったみたいですけど、出かけていたので見ていません(T T)
でも、ダイジェストでは見ましたよ。
INAC 神戸の試合は17,812人の観客動員だったようで、リーグの最高入場者数の更新だということです。
INAC 神戸の大野選手の2得点。
まるで、代表で中盤の右をやらされている鬱憤を晴らすかのようなゴールでしたね。
やっぱり FW をやりたいのかな。
2点目は川澄選手のスピードに乗ったドリブルから中央に折り返して、大野選手が落ち着いてシュート。
反対に大野選手から川澄選手へのスルーパスで惜しいシーンもありました。
試合全部を見ていませんが、さすがに7人の代表選手を抱えるチームらしく、とても良いサッカーをしているような気がします。
一度、子どもを連れて見に行きたいですね。
そうそう、練習は結構家の近くでやっているみたいなので、平日に時間を作れたら是非見てみたい。
まぁ、近いといっても車か電車じゃないといけませんが...
今行くとミーハーに見られますよね。
でも、ミーハーには違いないか...

もし、澤選手と話す機会があれば是非聞いて見たいことがあるんですよね。
サッカーを始めたきっかけはお兄さんの影響だということは有名な話ですが、サッカーを始めた場所が東京ではなく、大阪府の高槻市だというのを聞いたことがあるんですよね。
そう、私が育った街です。
私はラグビーに転向したので、サッカーをしていた期間は短いですが、当時、高槻って大阪では珍しくサッカーが盛んな地域だったんですよね。
少年サッカーも盛んだったしね。
それが本当ならすごく親近感が...
って、こっちが勝手に親近感を抱いても迷惑でしょうけど。(^ ^)

それにしても色々とサッカーの試合があった日でしたね。

recent posts