prev. page:ロンドン五輪 アジア最終予選 第3戦 対シリア戦
next page:FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2011

 

December 1, 2011

Brazilian Grand Prix 2011

2011 F1 Brazilian Grand Prix

click photo to enlarge.

 2011 F1 Brazilian Grand Prix

photo : Infiniti Global

今年も最後のレースになりました。

Vettel 選手のポールポジションは今シーズン15回目で、ナイジェル・マンセルの記録を更新したそうです。
このレースも実は、半分寝ていました (^ ^)
なので、レース内容をよく覚えていません。

チェッカーフラッグを振ったのが、ネルソン・ピケだったのは、楽しい驚き。
そういえば、1988年の鈴鹿だったと思いますけど、F1観戦の帰りに三重県白子の駅でネルソン・ピケが売店で赤福を買っていたのを見ました。
まわりの人は全然気づいていませんでしたけど、胸に小さなキャメルマークが入ったスェードのジャンパーをきていたので間違いないと思いますよ。
確か、一緒に写真を写したからどこかにあると思うんだけどなぁ...

Button 選手は、チェッカー後またマシンを止めましたね。
鈴鹿に続き、燃料が無くなったのかなぁ。
こういうドライビングは、Button 選手ならではですよね。
雨のレースとか、タイヤの使い方とか、ホント『玄人好み』のドライバーだと思います。

可夢偉選手も9位に入って、、貴重な2ポイントを獲得。
Toro Rosso がポイント圏外だったので、2ポイントがなくてもコンストラクターズポイントの逆転はなかったかもしれませんが、エースドライバーの役割をきっちりとこなしたということでしょう。
前半戦の活躍がウソのように、後半戦になると目立った活躍がありませんでしたけど、やはりマシン開発力の違いなのかなぁ。
明らかにマシンの差がありましたよね。
チームの資金力の差なのでしょうか。
でも、シーズン中のマシン開発って制限されてませんでしたっけ?

最近のレギュレーションはよくわかりません...

さて、来年はどんなレースシーンを見せてくれるのか、今から楽しみです。

recent posts